菱沼技術士事務所  
 
トップページ >> ヒートシールの極意/“MTMS”の真髄

第27回(2003年度)木下賞受賞 ヒートシールマネージメントの革新技術
「溶着面温度測定法」“MTMS”の全貌を貴社に出向いて個別レクチャーを致します。

 ◆【基本レクチャー内容】
『ヒートシールの極意』 ― 「溶着面温度測定法」;“MTMS”によるヒートシール管理の革新 ―

(1) ヒートシールの役割機能
   1-1 品質維持機能としてのヒートシール
(2) ヒートシールの大原則
   [溶ける温度] を知る
   [溶着面の温度] を知る
   [熱伝達速度] を知る
(3) ヒートシールの従来の課題
   3-1 ヒートシールの質問[貴社はどうしていますか?]
   3-2 勘と経験の世界だったヒートシール管理  ・こんな苦労が常識化していた
(4) ヒートシールのHACCP管理
   「7原則」の把握/事前評価の確立
(5) 「溶着面温度測定法」;“MTMS”とは?
   5-1 溶着面温度を直接測定できるようになった!
   5-2 包装材料毎の溶着温度の確定ができる
   5-3 包装材料毎の熱伝達速度の測定
(6) “MTMS”で何ができるようになるのか?
   6-1 ラボでの包装材料毎のヒートシール条什の事前確定
   6-2 溶着面温度ベースのヒートシール強さ
   6-3 溶着面温度ベースの引っ張り強さパターン解析
   6-4 ヒートシール関連各部位温度の直接測定と解析
   6-5 インパルスシール、インダクションシール、ロータリーシール、超音波シール技法の溶着面温度測定
   6-6 ヒートシールクレームの診断/原因検証確定
   6-7 ヒートシールクレーム事例と改善方策
   6-8 従来のヒートシール管理の課題と間題点の解析
(7) 進化する“MTMS”
   7-1 JISのヒートシール検査では“適正”なヒートシール管理はできない。
   7-2 レトルト包装のHACCP対応策
   7-3 剥れ(Pee1 Sea1)と破れ(Tear Sea1)の識別と剥れシールの制御
   7-4 “剥離エネルギー”の提案と活用
   7-5 剥れシールを利用したヒートシール巾の設定と破袋の制御
   7-6 任意の ヒートシール条件のパソコンシミュレーション
   7-7 包装材料のオーバースペック抑制設計
(8) “MTMS”の導入方法
   8-1 3Stepの容易な導入〜特許ライセンスのオールラウンドサービス
(9) “MTMS”による新ビジネスの展開
   9-1 “MTMS”マークでヒートシールの品質保証
(10) ヒートシールの確実実施への協業提案
   10-1 「包装材料」メーカーの役割
       「包装機械」メーカーの役割
       「ユーザー」の基本認識
(11) “MTMS”の関連工業相有権確保状況
   ・取得特許
   ・出願特許
   ・実用新案
   ・商標登録
 ◆【応用レクチャー】
* 貴社の当面の課題の解析と応用方法と連動したレクチャーを致します。
* “MTMS”測定サービスのデータ解析と応用をセットにしたレクチャーを致します。
  (測定サービス料は別途)
 ◆【レクチャーフィー】
* 基本レクチャー:  120,000円/4時間以内
* 応用レクチャー: (基本レクチャーフィー)+(オプション) 事前にお見積もりします

☆ 上記フィーには、消費税、交通費、移動費、“MTMS”キット損料は含まれていません
 ◆申し込み方法
e-mailでご連絡を下さい

 ヒートシール ワールドへ是非お立ち寄り下さい